大人の粉ミルク愛用

3bea25c6ca436c8717f20c4ca6262bd9
森永
10a0d72e4390a89896f33d9b3ffbd4f2
雪印
62ef25d9583592b3a623ee604ce5864a
救心
「粉ミルクを飲む大人」が増えているそうです。
 何を隠そう我が家の主人も「粉ミルク」愛飲者なのです。

 うちの人が飲み始めたのは、娘が里帰り出産した時。
 母乳があまりでず、粉ミルクを買い赤ちゃんに与えてた時でした。

 主人が横から 自分のコップに入れてお湯で溶いて飲み始めたのです。 

赤ちゃんが育つ栄養分が凝縮されているのだから、
「ちょっと栄養不足かな、なんて時にちょうど良い」とか、「カルシウム補給のため」「便秘解消で水分も補給するため」とか「健康のため」などいろんなことを言いながら飲み始めたのです。

  ちなみに牛乳は「牛の乳」。 
子牛が生の草を食べながら母牛のおっぱいを飲むので、人のおっぱいとは成分が違うんです。

 で、 人の赤ちゃんが飲む粉ミルクは、ちゃんと母乳の成分を研究して作られたものです。  

 一般的に、
粉ミルクには乳糖(ラクトース)という成分が含まれています。 
乳糖とは、牛乳などに含まれる糖質で、体の中の酵素によってブドウ糖などに分解され、体に吸収されていくもの。 
人間をはじめ、多くの哺乳類の『赤ちゃん』は分解酵素が多く分泌されるため、粉ミルクの栄養をきちんと消化吸収することができるんです。

ところが、 
大人になると分解酵素の活性が弱まり、成人期には乳児期の10分の1程度にまで減少してしまうので、 牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしてしまう人が多いのです。

   私の場合、
 粉ミルクでも1回に100CC分を飲むと お腹ゴロゴロで困ってしまいます。 

主人の変化は、
 髪の毛の白髪がなんとなく黒くなってきたこと! それとお腹が出てきたこと、です。
良いのか悪いのか?
 
本当は 赤ちゃんと、成人それも60才以上では必要な成分にかなり差があるはずですよね。

 だから、
 森永乳業、雪印ビーンスターク、救心製薬はそれぞれ『大人向けの粉ミルク』を発売しているそうですよ。 

うちのまだ2缶粉ミルク(フォローアップミルク)があるので、それがなくなったら、 たぶん『大人の粉ミルク』に変えるのではないかしら。